「空き家問題」

2020年09月24日

「空き家」問題。

 

じつのところ「終活」の一つでもあります。

 

「空き家」となるケースのひとつとして「相続時」があります。

 

☆自宅所有者が高齢となり、自宅に居住する事が出来ない事となった際、

「いずれは自宅に戻る!」

「親族が親の家を勝手に売却してしまう、解体してしまう事は出来ない。」

「所有者自らが判断してくれるよう、親族から相談することが心情を考えると難しい。」

 

☆相続時

・ほとんどのケースでは相続人も高齢です。

(相続人とは貰う側の人、被相続人は渡す側の人)

・相続人はすでに自宅があり、親の家に住むことは難しい。

 

現状、問題となりやすいのが「家を引き継ぎのは誰か、管理していくのは誰か」といった「押し付け合い」です。

 

荒れた、手のつけられない空き家を減らしていくひとつの方法として、

「財産を持ち(自宅、土地)所有している個人個人」が「終活」を考え、

「親族に迷惑をかけないよう」家を建てる時から考えておく事が必要です。

 

自分の親に

「家を売ってよ」

「誰も住まないから壊してよ」

と、言わせたくはない、言いたくないかと思います。

 

元気な時から親族へ自ら相談し、良い「終活」を進めていくことが理想であります。

 

「遺言書」や「終活ノート」等に書き遺す事もひとつの大きな手段です。

 

 

 

「親が家族の為にと建てた、買った家」を争いの種にすることを避ける為にも、親族の皆様で考え、相談をして欲しいと心から願います。

 

 

家を所有した時、既に「家族たちへの責任」を持つ事になります。

抱えるのは住宅ローンだけではありません。

 

私も家族の事を考え、自宅を守り、その時が来ても家族を守る事を心がけ生きていく所存であります。

 

 

空き家